葬儀という世界…

小さなお子さんのいる家庭は、冠婚葬祭の参加に気を使う場合が少なくありません。おめでたい席、アットホームな形式での結婚式・パーティーなどであれば、主催者しだいでしょうか。多少の粗相も笑って済ませられる…ということも多いです。ですが、お悔やみの場となると、そうはいかないことが多々あります。誰もが真剣な哀しみの場ですから、後から後悔しないためにも、予想されるリスクは極力避けるのが無難です。

 

お子さんの年齢にもよりますが、幼稚園児〜小学校低学年までは、参列を遠慮すべきでしょう。逆に言えば、お子さんが小さいので参列できなかった…というのは、誰もが納得する市仕方のない理由です。その後はお子さんの個性を見て判断しましょう。関係ない話をしたり、声高に話したり、笑ったりすることを自制できないのであれば参列は控えます。故人と親しい間柄であったとしても、残された遺族の悲しみを乱すような言動は子どもでも避けるべきです。

 

中学生くらいになったら、ほぼ大人同様の分別があるとして参列が可能になると思われます。よく、服装について悩まれる親御さんもいらっしゃいますが、学校制服をきちんと着ればそれで大丈夫です。念のために、葬儀の場での振る舞いについて(静かにする、焼香のしかた)確認し、参列がすみやかに行われるよう配慮しましょう。

続きを読む≫ 2016/01/15 15:56:15 foto

まるで、親戚のように面倒見の良いと評判の葬儀社があります。大和葬儀社と言って、気品ある日本家屋な建物が素敵な斎場なのがおしゃれな葬儀社でもあります。

 

斎場の周りはのどかな田園風景が広がる場所にあり、とても静かです。この葬儀社で驚かされるのが、その霊柩車です。なんと、霊柩車がビビットなピンクカラーなのです。まるでハリウッドをビッグスターを乗せて走るようなカラーが美しく、とっても素敵な気分で故人を乗せては、火葬場へと送れる霊柩車なのです。

 

ピンクだけではなく、深みのある、美しいパープルカラーの霊柩車もあります。クラウンで乗り心地も良く、パッと映える素敵な霊柩車は、さくらと紫雲と言う愛称で呼ばれています。

 

この車が凄いのは、故人の乗せるスペースには絵画を飾るという粋な演出もします。他にも、豪勢な宮型やエスティマ、ホワイトや紺色のクラウンも揃います。この葬儀社では、ワンボックスカータイプの軽霊柩車から昔の大型のクラウンタイプの霊柩車まで揃います。

 

この葬儀社では、祭壇は108,000円から用意します。礼状から返礼品も依頼できます。看板一式やお返し菓子、ロウソクなどもリーズナブルな価格で揃えることができるのも魅力的です。

続きを読む≫ 2015/12/13 15:13:13 notizie

葬式に掛かる費用についてみなさんは考えた事はありますでしょうか?きっと多くの方はこれまでに葬式に掛かる費用について考えた事はないと思います。

 

それはどうしてかというと、葬式はそう頻繁に行うものではない上に葬式社が請求してくる葬式費用に疑問を持つ心の余裕がないというのもあります。

 

ですから、多くの方はこれまでに葬式をした時でも特に葬式費用について考えた事はないと思います。ですがそういう方も今後必ず葬式を行う機会があるので事前に葬式に掛かる費用について考えておくのも良いと思います。

 

そうすれば、いざ葬式をした時にどれぐらい費用が掛かるのかという事が分かっているので
不当な費用を請求される心配もないです。

 

少なくともインターネットで事前に調べておくに越した事はないです。
それで簡単に葬式に掛かる費用の相場が分かるのでぜひ調べて欲しいと思います。

 

ただ、ひとつ気をつけておくべき事はいくら葬式に掛かる費用の相場が分かっても食事に掛かる費用によって大きく変わってくるのでその点だけはしっかり認識しておいて欲しいと思います。

 

それくらい葬式に掛かる費用のうちで食事の費用は大きなウエイトを占めています。
なのでその点だけは理解しておいて欲しいと思います。

続きを読む≫ 2015/11/21 15:19:21

葬儀会社で働いている人を除いて、葬儀を頻繁に行うということはないものです。特に、若い世代の人は突然の葬儀を行うことになった時に、焦ってしまうことがあります。葬儀の当日になってしまうと、周りの人も慌しい状況になり、助けを借りることは難しくなるものです。早い段階で、葬儀の流れについて、しっかりと理解しておかなければなりません。流れが分かっていると、意外と落ち着いて行動することができるものなのです。

 

葬儀会社の担当者と入念な話し合いをしておくことで、葬儀を行う上で必要な知識が身についていきます。初めての葬儀だという人は、葬儀会社の人に頼りきりになってしまうことが多いです。ある程度は仕方のないことなのですが、できるだけ自分の意見を述べるようにしなければなりません。亡くなった人が安心して旅立つことができるように、遺族が中心となって葬儀を進めていくことが大切です。

 

初めての葬儀で、完璧な行動を取ることは難しいものです。多少の失敗は付き物なのだと割り切ることも大切です。全体の流れさえ確実に把握することができれば、概ねスムーズに進めることができます。気持ちを落ち着かせて、自信を持って葬儀に臨むことが求められます。

続きを読む≫ 2015/11/16 18:51:16

葬儀のマナーは、周りに迷惑をかけないことが大切です。参列者が並んでいるのに、横から入っては順番を守らないというのはかなり周りから嫌がられるものです。

 

又、お酒を出されたからと言って、大量に飲んではベロンベロンに酔っ払ってしまうのもダメです。人にお酒を勧めては大きな声で笑いながら会話をするのも顰蹙をかうものです。

 

ネクタイを外し、腕まくりをしてまで気合を入れてお酒を飲んだり、出された料理をガツガツと食べてしまうのもマナー的にマイナスです。上品に食べ、ゆっくりと飲むのがポイントです。

 

携帯は葬儀の間はマナーモードにしておくのも大切です。お坊さんがお経を読んでいる間にいきなり明るいマーチのような音楽が大音量で流れたらやはり場違いです。

 

その場で話さず、席を外して廊下などで小さな声で話すようにするのが礼儀です。

 

女性は気合を入れすぎて派手なアクセサリーなどを身に付けてしまうことがありますが、葬儀では白いパールの真珠のネックレスか、グレーの真珠のネックレルが妥当です。

 

ヘアアクセサリーなども派手な金色や色使いのものを辞め、落ち着いた色合いのアクセサリーを付けることが大切です。

 

なるべく指輪やブレスレットの類も付けないか1つほどにしておくのがポイントです。

続きを読む≫ 2015/11/15 15:36:15

葬儀を執り行うに当たっては、地域ごとの慣習やルールを確認しておくことが大切です。全国一律のルールが設けられているわけではありません。基本的な部分は、どの地域でも共通しているものですが、地域によっては特殊な慣習があることも多いものです。しっかりと理解していないと、参列する人々に多大な迷惑を掛けてしまったり、スムーズに葬儀を進めることができなかったりします。

 

昔から長く生活している地域で葬儀を行うのであれば、あまり大きな問題は生じません。基本的な慣習が分かっているからです。しかし、引越しをして間もない地域で葬儀を行う場合などは、注意が必要になります。葬儀を行うことが決まったら、しっかりと情報を集めるようにしなければなりません。小さな失敗であればトラブルにはならないものなので、大きな失敗をしないように心がけます。

 

葬儀の慣習に詳しい人の話を聞いておくと、事前の準備をスムーズに行うことができます。また、葬儀を行う当日も慌てずに行動することができるようになるものです。十分な知識を身につけてから葬儀に臨むようにしなければなりません。特に、喪主を務める人は重大な責任を負うことになるため、しっかりと勉強することが大切です。

続きを読む≫ 2015/11/11 16:43:11

葬儀の種類ってたくさんありますよね。密葬や家族葬、社葬、直葬など色々ありますが、私は最近初めて家族葬を体験しました。亡くなる前の個人の遺言通り、全然知らない人たちを呼ぶのではなく、家族だけでアットホームな葬儀にしてほしいと言われたんです。

 

正直、私が過去に参加したようなたくさんの人を呼ぶ葬儀のほうが良いのではと思ったのですが、実際に家族葬をしてみると、落ち着いた雰囲気で故人とゆっくりお別れをすることができました。自由に見送ることができますし、またリーズナブルなのでお金のない人などは良いなと感じました。一番の魅力は、やっぱり家族だけで見送ることができるので、しっかりお別れができることですね。

 

事前に家族葬のマナーをしっかりと調べました。家族葬だからってやりたい放題じゃないですよね。マナーは守りたいと思いますし、家族みんな守っていました。大きなお葬式だから良いというわけではなく、小さなお葬式でも良いお葬式ってあるんだなと初めて知りました。家族葬ってだんだん増えてきていると思いますが、納得ですね。昔はあり得なかったのかなと思うのですが、今は普通になってきていますよね。

 

親族はどこまで呼ぶべきなのかという問題がありますが、うちは親戚づきあいもあまりなかったですし、その点では面倒じゃなかったです。家族葬は形式に振り回されたりせずに、故人を偲ぶことができるので、沢山の人にオススメしたいなとすごく思います。

続きを読む≫ 2015/11/09 19:24:09 15novembre